高速バスの走行距離

最長距離を走る高速バスの種類や、それらを扱うバス会社や公共交通機関などは多く存在してはいます。ただし、ある一定の最も遠く離れた地方から東京都内辺りまでの走行を行うような長距離バスなどは、少ない感じるのが現状です。

現在は、最長距離である東京と福岡間の約1,158㎞から1,170㎞前後という長さを走る、西武鉄道会社が運営をしているライオンズエクスプレスや西鉄バス運営のはかた号や、日田観光社が請負いオリオンバス社が運航している格安夜行高速バスのオリオンバス1・2号などがあります。また、青森・弘前から東京上野までを走る、弘南バスのスカイ号などといったさまざまな種類の高速バスがあります。

それらの中でも、福岡市内にある天神バスターミナルの改築により、一旦運行を中止していたライオンズエクスプレス号なども運行を再開したので、今後も長距離夜行高速バスの運営事業者同士の乗車客を巡っての競争は、盛んになっていくことでしょう。

そして、これは季節限定の便といえるバスの種類ですが、先ほど説明した各種長距離バスの運営事業者とは別の事業者によって運行を臨時におこなっている便もありますので、これらも決して無視出来ない車両のバス類です。万が一、旅客機や長距離特急電車、新幹線、船などが利用できなくなったりした場合にも、先ほど説明したこれらの最長距離の深夜高速バスなどを利用すれば、さまざまな地域へいくことができる大いに使える交通手段となります。

コメントは停止中です。